人形・遺品供養の種類

想い出が詰まった人形や遺品

どのような種類であっても受け付けております。

*受け付けられないもの ・液体状の物・生もの等

人形のガラスケースや飾り物・台については、ご自分で処分されても問題ございませんが、一緒にお持ちになっても構いません。しかし、当方で処分する場合割高になりますのでご注意ください。