• お知らせ
          • 令和3年お骨仏「花法要」3月20日(土)11時 オンラインでご供養を厳修致しました。

            ネット霊園内の法要ライブよりお参り下さい。

          • 仏像葬「お骨仏」は、ご遺骨で出来た仏様

            花法要
            平成28年花法要

             

          • お骨仏は、皆さんのご遺骨で出来た仏様です。

            (大阪一心寺様では、22万人の方のご遺骨でお骨仏が造られています。関東ではなかったことから、本寿院に造立され、3体のお骨仏が奉安されています)

            お骨仏は、本堂に安置され、永代供養されます。

            お骨仏は、核家族化や現在の墓地事情などの環境変化に加え、先祖・水子の遺骨を、いつまでも大切に供養し、ちゃんと供養していきたいというご遺族の思いを受け止める理想的な供養方法であります。

            お墓をお持ちでない。持てない。子供がいない。いずれ無縁になる。遠い親戚や先祖の遺骨でお困りの方。田舎のお墓を移したい方。(改葬・墓じまい水子のお骨を持ったままの方。など 古くて新しいお墓の形です。

            ご遺骨は、お骨仏(阿弥陀如来像)の胎内に分骨し、当院僧侶により永代供養されます。本堂内にありますので、毎日法要が厳修され、お花や供物が絶えることはありません。

            1霊3万円のみで、年間管理料など追加の費用はございませんので経済的にも安心です。

            花法要
            令和3年花法要

             

            お骨仏を求める多く方の声

             

          • お骨仏に納骨を希望される方は、この様な悩みをお持ちの方です。
          • 自分の入るお墓がない。

          • 独り身なので自分の遺骨をどうすれば良いか?
          • 子供がいないので、だれもお墓を見てくれない。
          • 子供はいるが、娘だけのために、いずれお墓が絶えてしまう。
          • 離婚をしたが、実家のお墓に入ることが出来ない
          • お墓をやめたい・墓じまい

          • 子供や孫の代にまで面倒をかけたくない
          • お寺の檀家をやめたい
          • 田舎のお墓を管理維持する事が難しい
          • 実家の両親の遺骨を嫁ぎ先では供養できない
          • 継ぐ人がいないので「墓じまい」をしたい・・・
        • 自宅に遺骨をもったまま

          長年、お墓を造ることが出来ず、お骨をもったままでした。

        • 仏壇の中に、先祖のお骨が入ったままだった。
        • 親戚の遺骨をもったまま。
        • 遺品整理をしていて、遺骨が見つかった
        • 水子の遺骨をもったまま。
        • 分骨を持っていたが、いつまでも持っていることは出来ない 
          • 誰の遺骨か?わからない遺骨を自宅で預かったまま。
          • すべての悩みが解決する「お骨仏」

        • NHK「所さん大変ですよ」紹介文

        •  
        •  

          新規お申し込みの方へ

          お骨仏申し込みの流れ

          資料請求

          ご見学・ご相談・お申込み・法要予約

          【お持ちいただくもの】

          ①申込書(事前に印刷された方はご記入の上お持ち下さい)

          ②お骨仏申込金3万円

          ③身元確認書(免許証など)

          ④ご印鑑(認印)

          以下は、没後申し込みの方の追加分

          ⑤ご遺骨

          ⑥火葬許可証または改葬許可証の原本

          ※書類に不備があるとお受けすることができませんのでご注意下さい。

           

          【納骨者の心得】【記入例】クリックして印刷してください。

           

          ※複数霊ある場合は、一枚に一霊お書きください。

           

          申込用紙を印刷ご記入いただくとスムーズです。

          ■ご来院・ご相談・ご法要・予約フォーム

           

        • ご遠方からの申込について

        • 迎骨の場合

        • 遠方からのお申し込みで、東京までご遺骨をどのようにすればいいか?という相談も多くございます。
        • お遺骨は、割と大きく、重いものでございます。
        • また、数柱となると到底持てるものではございません。
        • もしよろしければ、当院から迎骨として車でお迎えに伺います
        • *多くの場合は、ご自宅で49日・1周忌など追善法要を厳修後、その場でお骨仏の申込受付し、僧侶がお預かりして本寿院までお連れいたします。それは、全国から可能です。ブログには、宮城県陸前高田町や広島・岡山などからの迎骨を報告しております。
        • ■法要がある場合は、例:49日法要3万円+車代1万円+お骨仏3万円+御膳料5千円=7万5千円を目安にお願いしております)
        • ■法要がなく迎骨のみの場合 お骨仏3万円+交通費実費負担をお願いしております
        • 送骨の場合

      • お遺骨を、ゆうパックで送る送骨も承っております。送骨で送れるのは、郵便局の「ゆうパック」のみです。
      • 送骨を希望される場合は、事前にご連絡いただき、送骨キット(専用の段ボール箱)を代引きにてお送りします。
      • 中には、梱包材など送る時の注意点が書かれていますので、内容を確認してお送りください。
      • ご注意:別の段ボールなどで送られた場合は、受け取ることが出来ません。
      •  

      • *テレビ「サンデーステーション」・「スッキリ」・「羽鳥慎一モーニングショー」や朝日新聞に紹介されました。
      • 墓じまいについて

      • お墓の移転・お墓じまいの事を「改葬」といいます。
      • お墓のことは、墓地埋葬法という法律にのっとって、自治体の「改葬許可書」が必要となり、その書類がないと受け付けることを法律的に禁止されています。
      • お墓じまいは、墓石だけでない

      • 田舎のお墓をだれも面倒見ることが出来ない。
      • 檀家をやめたい。
      • お墓を閉めたい。
      • 様ざまな理由にて、お墓を管理維持できない方が増えてきました。これも少子化とグローバル化の影響で、都市部に居住し、地方は過疎化され、墓参りも出来なくなっている現状があります。コロナ禍も重なり、遠方まで墓参りも出来ないという声も。
    • お骨をどこに埋葬するか?が大きな問題です。
    • お墓じまいをする場合、第1に「受け入れ先」を決める必要があります。
    • お近くの合祀墓など
    • ■多磨霊園の長期収蔵施設(2体用)227,000円 年間管理料 3,140円
    • ■ 小平霊園 樹木墓地 18万3000円 (2020年)
    • 都営霊園でも合祀墓が安価で人気があり、抽選となっております。しかし、墓じまいの場合、通常5人~8人ほど先祖のご遺骨が収められています。そうなると、上記費用×人数分となりますのでかなりの費用負担となります。
    • 大阪一心寺では、墓じまいの受付を中止されました

    • 「もう限界」関西屈指の人気寺が”納骨制限”に踏み切ったワケ プレジデントオンライン
    • 22万人分、遺骨で造る仏様 なぜ納骨?遺族に聞いた」朝日新聞デジタル
  • 大阪では、墓じまいのためにお骨仏を希望されることがあまりに多いため、受け入れ中止をされたそうです。
  • その影響もあって、大阪の方が東京 本寿院に相談される方も後を絶ちません。
  • 現在のところ、本寿院では、従来通り受付をしておりますが、あまり多くなった場合は、中止するかもしれません。
  • 生前に申し込んでおく方が急増中です

    • NHK所さん大変ですよ お墓の悩み一挙解決特集でも、生前にお骨仏を求められる方のインタビューがございました。
  • お骨は、邪魔なもの?お墓は不要なもの?
  • 住職からご提案
  • お墓に眠るという考え方から、仏さまになって役に立つという考え方にかえませんか?

     私の遺骨が、仏様となり、困った方々のために仏様として祈り、祈られる。

  • まさに死後の希望ではないでしょうか?
  • なを、本寿院のお骨仏は、納骨型お骨仏です。ですから、お骨仏の背後から遺骨を納めますが、いずれ満杯となってしまいます。 満杯になれば受付を中止するか、4体目のお骨仏を造立する事になります。
  • ■ご夫婦家族が同じお骨仏に納まる事を希望される方は、生前申し込みをおすすめします
    • ネット霊園について

      ネット霊園をご用意しました。(無料)

      お骨仏には、墓誌がございません。ですが、生きた証をネット霊園に遺しては如何でしょうか?

       

      遠方のご遺族やご友人の方がネット霊園にお参り出来、メッセージも残すことが出来ます。喪中はがきのQRコードは便利に活用いただけます

    •  

      netreien

      ネット霊園(netreien.com)

    • *オンライン法要は、テレビ「NHKおはよう日本」「東京サイト」に紹介されました
  •  お骨仏のQ&A

  • お骨仏に多いご質問
  • Q:お骨仏の費用は、3万円だけですか?
  • A:正確にお話しすると、お骨仏そのものの費用は「無料」です。お骨仏には一部の分骨をお納めします。(一心寺さんも同じで、22万人の方の遺骨ですので、分骨にて造立されています)余骨は、樹木葬「さくらん墓」に埋葬する必要があります。そのさくらん墓の費用が3万円です。さくらん墓は、日光の聖山にあり、法要に参列する事も可能です。なを、海への散骨を希望される方は、8万円(税別)合祀墓「ありが塔」に希望される方は8万円納骨堂「浄光壇」に希望される方は20万円です。余骨のお納め先によって費用がかわってきます。
  • 尊星王院
    樹木葬「さくらん墓」
  • Q:管理料は必要でしょうか?
  • A:不要です
  • Q:今後のお参りは?
  • A:本寿院は毎日9時から18時まで開門しております。年中無休ですのでいつでもお参りください。ろうそくとお線香は用意しておりますので、お花や供物があればお持ちください。また、1周忌3回忌お盆など、法要の希望があればお申し出ください。
  • 書店にて発売中「墓活」

    • 墓活の本 それでどうする、うちの墓?

      好評発売中「墓活」全国書店でお求めください。本寿院のお骨仏やお墓じまいについて紹介されています。

    • 墓活
      •  

        ■ご来院・ご相談フォーム

        お骨仏の見学も、密を避けるため事前にご予約をお願いしております。TEL03-3772-8889