令和元年10月5日 本寿院 つちぼとけ教室です。

教室のはじめに、住職からの法話 

お地蔵様ほど身近な仏様はおられません。

どんなところだって、駆けつけていって救ってくださる。

子供の守り仏ととして「水子供養」「子安地蔵」「子育地蔵」など

ランドセル地蔵・身代わり地蔵・厄除け地蔵・鉛筆地蔵

しお地蔵・みそ地蔵・とんがらし地蔵など

どんなところでも駆けつけていって、救ってくださる。

今日は、ご主人さんを亡くされ、住職が「戒名」をお授けした奥様が参加されました。

ご主人の手元供養の地蔵さま(戒名をご自分で刻んで・・・)を造られました。

高校生の一人娘も作りたいとおっしゃっておられたそうですが、学校のためこれなかったので

土を持ち帰りになり、自宅で作られることに。

さて、奥様の地蔵様か?娘様の作った地蔵様か?

どちらに遺骨を納められるか?

両方に収めてもいいですね。

心にこもった地蔵様が完成しました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加