平成31年3月4日 今日は池袋西武百貨店 戒名講座です。

戒名って何?院号?居士?信士? この差っていったい何?

 

戒名講座には、様々な質問が寄せられます。

先祖の戒名が、院号清大姉なので、それに合わせたい。

そうですね。通常9文字戒名が一番なのですが、特別に「清大姉」とつく10文字戒名の場合

200万円程度になるのではないでしょうか?

院号戒名が、100万円 「清」がつくだけで、200万円に。この一字が、100万円という事になります。

戒名この差って何?

まさに疑問に思われることでしょう?

戒名を、一つの商品と考えるから疑問になるのです。

簡単に解決しない深い問題があるのもこの戒名です。

戒名料というのは存在しません。

すべてお布施です。そのお布施をどのように考えるか?難しい問題です。

 

戒名講座授業風景

 

末代まで続く 大切な戒名。どこの誰かもわからないお坊さんにつけてもらいたくない。

 

そうですね。お坊さんは、誰も同じではありません。

一生懸命修行して社会のためになっているお坊さんもいれば、そうだないお坊さんもいます。

この方から授かったといえる戒名がいいですね。

知らない住職から戒名は付けてもらいたくない

 

 

90歳のお母さまの終活の方向性が出来たそうです。それは良かった。

 

15:30分からは、つちぼとけ教室です。

(戒名とは別の講座です)

今回は、陶板の地蔵さんをおつくりになりました。

戒名の事ばかりでなく、つちぼとけが私の本業です。

悲しい時、苦しい時に話を聞いてくださる。そんな心に響く地蔵さんを作っていきたいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加