マイ骨壺が完成しました。

すべて、割れることなく、完成しました。(よかった)

それぞれの個性が光る「マイ骨壺」

ちょうど、円宗院のご近所の方が亡くなり、平塚斎場にて葬儀がありました。

葬儀社の方からこんな話を聞きました。

「つい最近葬儀をされた方が、マイ骨壺を持参され、収められたとのこと。

その骨壺は、三浦先生のもとで数年前に作ったとおっしゃっておられました」

お亡くなりになったことは、残念なことではありますが、

ご自分の最期の衣装である骨壺に収められたということは

「終活」がすべてうまくいったということであり、ご本人は満足なことだろうと想像しました。

メッセージや思いを込めた、素晴らしい骨壺が出来ました。入り心地はどうでしょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加