令和6年春彼岸花法要 申込受付中!!

第9回つちぼとけ展最終日

つちぼとけ展募金額

横浜そごう つちぼとけ展終了しました

令和5年11月28日  つちぼとけ展最終日です。

最終日にもたくさんのご来場に感謝申し上げます

新聞記事を見たという方や、偶然前を通って自宅にあるご朱印帳を持って再度お越しいただいた方。ありがとうございます

同時に会場では、木彫教室の浄雲会さんが、木彫体験を協力してくださっています。

先生の彫られた地蔵さんや干支の木彫の頒布とともに、彫刻体験です

なかなか難しく、簡単には作れません。

浄雲会の、木彫は、読売文化センターで指導されています。

何度も御朱印にお越しくださった方もございます。

その場合は、別の御朱印を書かせていただきました

昔の生徒さんも駆けつけてくださいました。

コロナでなくなってしました教室もございます。

よくお越しくださいました。

さて、募金の集計です

募金額決定

なんと、1,114,110円のお心が集まりました。

こうして皆さんのお心が集まり、3校目となるラオス小学校建設資金に全額使わせていただきます。

贈呈式予定

2027年3月25日まで募金を集め、建設を行います

2028年2月22日(火)〜28日(月)(予定)にて贈呈式に伺う予定です

ご一緒にラオスに行きましょう。ご予定をお願いします。

お地蔵さまがたくさんの家庭に駆けつけて行ってくださいました

生徒さんたちが、一生懸命作ったつちぼとけ。

それをみていただき、450体ほどが求められていきました

皆さんは、お地蔵さまを一体一体ニコニコしながら見つめ目のあった仏様を手に取られます

そのお地蔵さまは、「一生の宝物になります」

いつまでも、ご家庭をお守りし幸せを運んでくださいます。

そして、そのお心は募金となり、ご自分の手で募金箱にお納めくださいます

その募金は、ラオスの子供達の小学校建設の費用となり、子供達が学び、光を浴びて、

そして、夢を持つことができる。

そんな事を夢見て、一つ一つ実現に近づいております。

残念ながら、横浜そごうさんの都合で本会場にてチャリティが出来なくなり、今回が最終回となりました。

来年からの予定はたっておりませんが、皆さんと検討し、形を変えてこの灯を続けていきたいと願っております

最後に、たくさんのご来場賜り、ご協力いただき誠にありがとうございました。

浄雲会の浄雲先生はじめ門弟の方々、連日ありがとうございました

また、私の呼びかけに生徒さんたちも協力くださり、出展並びに設営・運営などありがとうございました。

心より心より御礼申し上げます。合掌

横浜そごうつちぼとけ展9回
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

本寿院住職 三浦 尊明

コメント

コメントする

CAPTCHA