おはようございます

三休でございます

今日はお寺ネットの書き込みから

少しお話をさせて頂きます

自己承認欲求

「自己承認欲求」という事です

相談番号31495番

猫さんという方からです

初めて書き込みを致します

タイトルの通り

自己承認欲求が強いと

話していた方から言われました

どういう事か分からずに調べたら

あまりいいものでは無い

という事が分かりました

そして自分に当てはめる事が

事柄が多かったこと

私は自己承認欲求の塊なんだと

初めて知りました

それから話すことが出来無くなりました

何かを話そうとすると

承認欲求の事が頭によぎる

何にも言えません

どうしたらいいのか

と言われても困るか

困るかもしれませんが

私はこの先

どうやって生きていけばいいのでしょうか

それに対し在家さんという方から

このようなご回答が

ありました

菩提心

自己承認の欲求は

それで成長するのですから

別に否定する必要はありません

しかし比較により外来の動機ですから

成長には限界があります

頂点を極めるには

内発的な動機が必要となって

それが自己実現の欲求になるのです

自己実現に移行すれば

社会的な承認はどうでも良くなります

だから承認欲求を無くしたければ

自己成長を高める

内発的な動機を大きくしていく事です

自分で自分を駆り立てるもの

それを仏教では菩提心と呼んでいます

このようにですね

自己承認欲求

自分を認めてもらいたいという

外からの色んな

外的要因ですね

自分が認められたい

こうした事を喜んでもらいたい

こうした事を私を褒めてもらいたい

という

でも褒めてもらいたい

という自己承認欲求

それよりも自分の内側から出る

自分の自己実現の欲求

僕はこれがしたいんだ

こういう事がして行きたいんだ

内側からくるモノ

内側から来るモノを考えると

他から何かどう言われようと

それはどうでもよくなる

よって、誰しも

皆んな他から褒めてもらいたい

良いふうに言ってもらいたい

でも良い事ばかりを

求めるのでは無くて

悪い事であっても

それは自分の糧となり

自分がそれで失敗をしたら

もう一度やり直せばいい

あぁ、良い事に気が気が付く事が出来た

良い事を教えてもらったという風に

良い事も悪い事も

それを受け入れる

内面的な成長

自分の内面的な事が

必要になってくる

如何でしょうか

まず

自分がこれから

どう生きたらいいんでしょうか

って言う様な

そんな相談がありました

よ〜く

考えて下さい自分の

人生

人から言われても一切何にも変わりません

じゃあ、自分はどうしたいのかって

よ〜く突き詰めて下さい

そうすると

その為、自分の自己実現ですね

自分の自分の生き方の

内なるコレをしたい

というものがそれを作った時に

他の事よりもその為に邁進をし

そうしていくと勝手に

他から評価が入ってきます

時には悪い

評価があるかもしれません

でも、それは

それでまた一つ強くなれた

一つ勉強になった

まあそう思っていくと

自分の人生というもの

外から見るのではなくて

自分の内側から

これが菩提心であるのではないかなぁ

そんな風に思います

ありがとうございました