令和2年5月31日 日光 霊符山 尊星王院 本堂に新しいお骨仏が造仏され、開眼法要を厳修いたしました。

以前から要望のありました日光のお骨仏が、めでたく完成しました。

お骨仏とは、お骨で作った仏様(当院の場合は、胎内に収める方法です)

私が仏様になる・・・素敵ではないでしょうか?

いつまでも仏様として多くの方の手が合わされ祈られます。

NHKでは、究極の供養として紹介されました。

参列者と共に。

お骨仏についてお話ししました。

お骨仏はまさに死後の希望です。私が、邪魔者ではなく、仏様として役立つのです。

こんな素敵なお墓はありません。

記念撮影

さくらん墓に納骨式