令和6年春彼岸花法要 申込受付中!!

仏は我がために説きたまう

つちぼとけ

私の為に説かれている

専門学校や大学の非常勤講師をしておりますと
昼食の後の午後授業は、眠気が襲ってきて、とてもやりにくいものです。

特には仏教の話など、退屈で退屈で仕方がないもので、子守唄に聞こえる事でしょう。

ハート地蔵

そこは生徒と先生の戦いでもあります。

生徒たちが寝ずに聞いてくれたら先生の勝ち

一人でも寝るようであれば、先生の負け

もっとも、先輩の先生たちは

義務教育じゃないのだから、勉強したい奴がすれば良い

眠いやつは、寝ていれば良いと言われる方が多いのですが、、、

縁日

縁日ではたこ焼きを焼きます

たこ焼き名人

私の大学時代を振り返りますと

夕方4時から仕込みに入って

朝4時に店を閉めて帰る 

たこ焼き屋のアルバイト尽くしでした。

ですから学校=寝るところであった事は言うまでもなく

今になって勉強不足で苦労しているのです。(たこ焼き屋の経験は縁日でいかせておりますが、、、)

さて

大智度論には、こんな事が説かれています

「仏は我がためだけに法をとけり、他のためではない」

たくさんの生徒に教えていると、

後ろの席は見つからないだろうと眠ったり、

漫画を読んだり、携帯いじったり、

早弁したり、、、。

ところが後ろの席こそ先生からすると目立つのであります。

ですから、いつも質問は後ろの席ばかり

授業は、全員にしているのですが、そんな生徒たちも頑張ってほしい願うのです。

これを嫌がらせと取るか?

私のためだけに、教えてもらっているのか?

受け止め方が違うと、全ての見方が違ってきますね。

合掌

私の為だけに、仏は説かれている

そう私のためだけに説かれている教え

そう受け止めて歩んで参りましょう。合掌

インスタグラム 39.san でも毎日投稿しています

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

本寿院住職 三浦 尊明

コメント

コメントする

CAPTCHA