古くて新しい。究極の供養。テレビで紹介された遺骨で出来た仏像のお墓

新しい納骨の形「お骨仏」

  • HOME »
  • 新しい納骨の形「お骨仏」

本寿院 住職 三浦尊明です。

お骨仏とは、お遺骨を阿弥陀如来さまの胎内にお納めし、ご供養する「古くて新しい納骨の形」です。

IMG_0706

本寿院のお骨仏について

NPO法人 かけこみ相談センター等たくさんの人生仏事相談を受ける中、遺骨にお困りの方が多いことに驚きました。

関西は、小さな骨壺であることに対して、東京では、全骨を納める大きな骨壺です。

 

 

お遺骨は、法律的に放置することは出来ません。(刑法190条 遺骨遺棄罪)

車に放置したままで、逮捕された方もあります。

 「どうしようもなく」両親の骨つぼを車ごと放置
宮城県警仙台東署は2日、両親の遺骨が入った骨つぼを放置したとして、住所不定、無職〇〇〇〇容疑者(46)を死体遺棄罪で逮捕した。
発表では、〇〇容疑者は2008年7月中旬、父親名義の乗用車の後部座席に両親の骨つぼ2個を毛布に包んで載せたまま、仙台市宮城野区のパチンコ店の立体駐車場に車ごと放置した疑い。駐車場の管理者が気づき、警察に通報した。母親は02年に、父親は08年にいずれも都内で死亡し火葬された。
仙台駅でホームレス生活をしていた門間容疑者は「どうしようもなくて放置した」と話しているという。
読売新聞 11月3日(水)7時34分配信

自宅に安置するには、とても大きな存在です。自宅に安置することは法律違反ではありませんが、どこに置いておけばいいか?

東京の住宅事情から考えると、お遺骨を安置し手を合わせる場所が難しくなってきています。

NHKの全国47都道府県の警察を対象に、遺骨の置き去りの実態について初めて調査を行った。2012年から5年間で遺骨が警察に届けられた件数は、411件だそうです。発見場所は、寺院や斎場が多いが、リサイクルショップの店先や駐車場図書館など、なぜ?こんなところに?と思うような場所でも見つかっている。

事実、私の育ったお寺では、お遺骨の置き去りがあって困ったことがあります。通常、遺骨と一緒に火葬許可書が添付されていますが、こういったケースでは抜かれているケースがほとんどで、遺骨(幽霊)だけに「足がつかないように」名前や申込者の住所が入った書類がない。と落語のような落ちが出る。

 

また、さいたま市の場合では、無縁墓地に埋葬された遺骨は、2003年は33柱だったが、2015年には188柱と6倍に増え、2016年までの10年間に引き受けた遺骨は千柱を超えているという。

遺骨がどんどん、邪魔者扱いになってはいないだろうか?

散骨してくれたらいい

■つちぼとけの生徒さんからこんな相談もございました。

「子供が娘だけの為、遺骨は散骨してほしい。」と主人の遺言通りに散骨しましたが、「主人は苦しんでいないでしょうか?」

「私たちは今後どこに向いて手を合わせればいいのでしょうか?」「無宗教葬でやった為、お盆や彼岸命日はどうすればいいのでしょか?」

ご主人は、奥さんや娘さんに迷惑をかけないために良かれと思ったことが、奥様はノイローゼになり苦しめる結果となってしまいました。

私は、散骨賛成派であり、反対派です。

散骨は、とても美しく、素晴らしいものがあります。私の義父も母も散骨いたしました。

しかし、たとえ一片の遺骨であっても残されることを強くお勧めしています。

故人のお遺骨はとても大切で、日本のお骨への思いは深いものがございます。

一片のお骨は、自宅で手元供養されるか?それともお骨仏に納められるか?

必ずや、いずれ心の支えとなる事と強く信じる次第です。

人生には、つらく悲しい時もあります。

そんな時、お墓にお参りしたものです。今は亡き両親に語りかけたものです。

今一番という大きな転機の時には、お墓まいりをして先祖の力をかりたものです。

そんなお墓参りが出来る幸せ。

散骨してしまえば、遺族はどこに手を合わせればいいのか?

 

IMGP195511

IMG_3089

お骨仏には、ご遺族がいつでもお墓まいりが出来る「安心」があります。

お骨仏の歴史

お骨仏の歴史は古く、三井寺(滋賀県大津市)の智証大師が有名です。

円珍坐像 智証大師の遺骨を収めている「御骨大師」

製作:九世紀
国宝に指定されている。

住職の思い

 

 

 IMG_2854

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3772-8889 受付時間 9時~18時(年中無休)

PAGETOP
Copyright © 関東のお骨仏「本寿院」 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.