お寺ネット 仏事無料相談

に寄せられた内容を紹介します。相談内容と私の意見を入れて。

お世話になります。宗派は浄土真宗です。

12月に父が亡くなりました。四十九日法要の日程のことで家族で意見が分かれております。

お寺さんとのお付き合いが無いためどう考えてよいかわかりません。お導きをお願いします。

因みにお墓は霊園墓地にあり、霊園より手配してもらったお坊さんにお経をあげてもらうことになっています。

四十九日法要および納骨の日を、当初忙しい兄のスケジュールに合わせ実際よりも1週間前に日程を立てておりました。

ところが、兄嫁の実家の宗派ではその日は埋葬には適さない凶の日であることが解り、兄嫁が気になるので日程を四十九日よりも1週間後にずらし吉の日にしてはどうか、と提案してきました。

私としては出来れば四十九日に、もしくはそれよりも前倒しで行いたいと考えています。

確かに気にはなりますが、よその宗派の考えを鵜呑みにすることは出来ず迷っています。

浄土真宗にもそのような納骨に吉凶の日はあるのでしょうか。

兄嫁の実家の宗派によると、どうやら後で災いをもたらすような日であるとのこと。

どのように考えていったらよいでしょうか、お願いします。