平成29年6月15日 奈良にやってきました。

世界遺産の「元興寺」こちらには、陰陽師の霊符(護符)が展示されています。

1300年代に作られたものですから、今から700年ほど前のものです。

霊符は、願いがかなうとお焚きあげされますので、現存しているものはほとんどありません。

こちらの場合は、木杭に書かれたものや銅製なので残っています。

 

すぐ近くには、「霊符神社」があります。

真北に位置するところに、尊星王堂があったというのも不思議なものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加